2007年04月11日

悟りとあきらめ

僕は欲のない人間です。

いや、正確に言うと欲を放棄したような人間です。


欲とは欲求のことで、
人間の三大欲求とされる食欲、睡眠欲、性欲をはじめ
物欲とか金銭欲とか、例を挙げればキリがありませんね。

いまから20年ほど前、高校を卒業した僕は単身東京へ向かいました。
当時、たいした目的があるわけでもないのに、
ビッグになってやる、一旗上げてやる、いい女とやりまくってやる…
そんな思いで頭の中はいっぱいでした。
それこそ欲の塊みたいな人間だったと思います。

それから、その欲求を満たすべく数年はただガムシャラに過ごしたと思います。
(ここでは省きますが、東京で暮らした間にいろんな経験をしました。
辛いことや苦しいこともたくさんありましたが、楽しかったことも人一倍あり、
振り返ると僕の思い出の80〜90%は東京での出来事で構成されています)

しかし、ある時フッと思ったんですよ。
食欲や睡眠欲は満たされなければ死んでしまうかもしれないけど、
それ以外の欲求は満たされなくても死ぬことはないじゃんか、と。

もちろん着る服がなければ外は歩けないし、
住む家がなければ生命の危機にさらされる可能性はありますが、
それでもホームレスの人は生きていますしね。
実際、東京ではホームレスらしき方がたくさん生活していましたし。

それ以来、僕は欲求を放棄して生きてきたような気がします。
高級な車や豪華な家や美人の妻がなくても生きていける。必要ないと思ったんですね。

で、自分で言うのも変ですけど
東京でのひとり暮らしは修行だったのではないかと考え、
僕は“悟りを開いた”のだと思っていました。


しかし、やっぱり違うんですよね。
悟りを開いたわけではなく、単にあきらめていただけだったみたいです。
自分には無理だとあきらめてしまったことを悟りを開いたと勘違いしていた。

高級な車に乗らなければ、豪華な家に住まなければ、美人の妻をもらわなければ、
その気持ちはわからないんじゃないかと。
それらを実現したうえで、本当に必要ないと思えるのなら
冒頭の欲を放棄した人間だと言えるんじゃないかと。




そんなわけで、これからは僕は欲深く生きていこうと思っています。
posted by アホみたいなおっさん at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39306262

この記事へのトラックバック