2007年06月14日

人生という名の列車

はじめてこの曲を聞いたのは、もう2年くらい前になるでしょうか。
内村プロデュースという番組の最終回のエンディングでした。
「NO PLANの人生という名の列車」のタイトルで、
NO PLANのメンバーがこの歌をワンフレーズずつ歌い、
画面には歌詞のテロップと過去の番組ダイジェストが流れる構成でした。

この番組は、ほぼ毎週のようにビデオに録ってみるほど好きで、
その最終回ということで、保存版にしようとやっぱり録画していたんですね。
そしたら、最後にこれまで聞いたことのないNO PLANの曲。
しかも歌詞が驚くほど共感できる内容で、
まるで自分のことを歌っているのかと思うほどの衝撃を受け、
純粋に涙がこぼれました。

はじめは、番組の作家さんとかメンバーたちが作ったのかと思っていました。

そしたら違いました。
あとから知ったのですが、
シンガーソングライターの馬場俊英さんが提供した楽曲で、
その後、ご本人が同名タイトルでアルバムも発表しています。

この曲のコンセプトは「30歳代の男性が感動できる唄」らしいですが、
40歳代前半の自分が聞いても、十分感動できます。

もともと音楽は好きなのですが、
正直35歳くらいから興味が薄れてきていたことは確かなんです。

とくに、ここ数年は最近の曲はほとんど聴かず、
若いときに好きだった曲ばかり繰り返し聞いています。

でも、やっぱり時代とともに新しい名曲って出てくるんですね。

そう思わせてくれたのが、この「人生という名の列車」です。


最後に、歌詞の一部を引用させていただきます。


ウソつかず 誤魔化さず どんなときも人に優しく 決して腐らずに
わかってるし気をつけてるし頑張ってる でも出来ないよ カトちゃん
でもどんなときも信じる事 決してあきらめないで
向かい風に立ち向かう 勇敢な冒険者でありたい 平成17年

「人生という名の列車」作詞・馬場俊英

posted by アホみたいなおっさん at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44826305

この記事へのトラックバック